安心できるのはどんな時?

患者さんの捉え方は人それぞれ

患者が安心できる看護師を目指して

できるだけ患者さんから良い印象を持ってもらい、安心してもらうことも看護師として働く女性の務めです。せっかく看護師として働いているのですから、ナイチンゲールのように頼られるような立場を心がけましょう。医療の現場に携わっている以上は、どうしても忙しくてストレスが溜まってしまうこともあります。
しかし、そのストレスを患者さんにぶつけてしまうようではいけないので、そういったことには絶対にならないようにしましょう。愛想良く、あくまでも安心させてあげられるような工夫をしておきたいところです。メインとなってくるのはやっぱり患者さんの手助けであり、心から居心地の良いスペースを提供してあげるようにすることも大事だといえます。それこそ戦時中のナイチンゲールのような存在になれるので、自分で仕事のやりがいを見出すためにも、そういった風に見られるように努めてみましょう。時折相談に乗ってあげたり、いろいろな話を聞いてあげたりします。時間的余裕がある時は、ゆっくりと話すことに耳を傾けであげたりしましょう。そうすることによって、コミュニケーションを図ることになり、より安心してもらうことができます。言うまでもないことですが、ナースコールが押された場合は、いかなる場合も直ちに患者さんのもとへ行きましょう。このように考えると看護師は非常に大変な仕事ですが、だからこそやりがいがあるとも言えます。とにかく良い印象を持ってもらえるように意識をしてみましょう。患者さんにいかに安心してもらえるか【患者さんに安心を-すまいるDr.】を参考にしてみるのも良さそうです。

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>